adtech commonsが無料βオープンしました
Line
2012/3/8(木)

超待望のステキサービス「adtech commons」が無料βオープンしました。

アドテク関連の海外記事を日本語翻訳して閲覧できるブログ形式ニュースサイトです。普段からeMarketerやadExchangerやadageを読んでいる方や、海外の記事が気になってるんだけど英語はNGという方にズバンとド真ん中ストライクなサービスです。

http://commons.akibalabs.com

adtech commonsのスクリーンショット

実際の記事はこんな感じです。

 

上の記事の翻訳元の記事です。このサービス、本当にすばらしいです。

無料βに購読者登録しよう

adtech commonsはメンバーサイトなので登録が必要です。

http://commons.akibalabs.com

adtech commons発起人のCCI宮一さんからのメッセージ

adtech commonsを始めることにしました。

adtech関連知識の社内共有が面倒で困っています。

〜中略〜

最近は役立ちそうな記事を見つけると、コピってword化、前処理してmyGengoに投げておき、できたものをメールでまわしています。

で、ここで考えました。同じニーズをお持ちの人はいないかな。と。

とはいえ、これで儲ける気もないので、どうしようかと思案しているところに上野さん登場。あっという間にお題の通りとなりました 🙂

まずは、以下のルールでスタートしてみようと思います。

1)海外記事を勝手にmygengoで翻訳して共有します。
2)とりあえず、システムは上野さん、翻訳は宮一の持ち出しで。
3)実費+雑費がまかなえれば良いとして、会員募集。
4)会員の義務
・役立ちそうな記事を見つけたら、ポストする。
・とりあえず領収書なしの費用が出せる人は、paypalで
翻訳用アカウントにポイント入れる。
・翻訳してポストしてくれる人も歓迎。
でも、mygengo程度にしか戻せないので、そのつもりで。
5)会員の権利
・翻訳資料は、社内限で回覧可能。ただし、著作権があるものを
勝手に訳している旨、了解して安全運用。
6)4月ぐらいになったら、もろもろ見直し+調整の前提。

いかがでしょう。

ちなみに、今日のAdExchanger.comの”Private Exchanges from a Premium Publisher Perspective”をmyGengoで訳したのはこれ。
WORD単価2円、42.90US$、翻訳時間6時間。

https://docs.google.com/document/d/1chaf1sqmhzUBVbclQobzqEY-JSDDK6xWAjsU_sCQ00E/edit

ご意見いただけると幸いです。

スケールアウトもお手伝いしています

スケールアウトはadtech commonsのシステム面をサポートさせていただいてます。

ぜひご登録くださいませ!