タグマネジメントについて勉強してみる
Line
2012/5/13(日)

先日、スケールアウトからタグマネジメントのプロダクト提供開始をリリースしました。(詳しくはこちらをどうぞ>タグマネジメント | 株式会社スケールアウト

反響として、タグマネジメントについてまだあまりよく知らないよ、というお声をいくつかいただきました。

そこで今日はタグマネジメントについて勉強していきたいと思います。

それではどうぞ。

例のカオスマップにもタグマネジメントのカテゴリが!

以前、USのカオスマップにあって日本のカオスマップにないカテゴリーというエントリーを公開した時にもタグマネジメントについて少し触れています。

タグマネジメント

ピギーバック(piggyback(ピギーバック)を勉強してみる)をフルに利用してタグ管理をサーバーサイドですっきり一括管理してくれるタグマネジメントがUSではいち早くカテゴリーとして成立しています。アドテクの種類が増えれば増えるほどタグの種類は増えていきます。キャンペーンが増えればコンバージョンやリターゲティング広告のためのセグメントタグが増えていきます。そのタグをサーバーサイドで一括管理するサービスです。主要なアドテク事業者のタグは網羅されており、安全性・信頼性が担保されています。第三者配信サーバーと組み合わせて利用するのが相性がいいですね。

出典:USのカオスマップにあって日本のカオスマップにないカテゴリー | 株式会社スケールアウト

タグマネジメントの日本のプロダクトたち

今回はパラシュート勉強法にトライです。

実際のタグマネジメントのプロダクトをみることで一気にタグマネジメントを把握してみたいと思います。

eco-tag by cci

http://www.eco-tag.jp

タグマネジメントの基本的な機能を搭載しています。信頼と安心のcciさん提供です。

 

とても親切でわかりやすいウェブサイトです。いままでマニュアルオペレーションで管理が煩雑になり事故を起こしがちだったタグの管理を管理コンソールで一括管理してワンタグがピギーバックするというタグマネジメントのコア機能を一発でメッセージングしています。(ピギーバックについてはこちらをどうぞ>ピギーバックについて勉強してみる

<UNITAG> by D.A.C

http://www.unitag.jp/

こちらは基本的なタグマネジメントの機能に加え、スマホアプリのダウンロード計測も可能です。

 

導入事例がすばらしいです。やはりオウンドメディアとしてウェブサイトをポジティブに運営している企業がタグマネジメントのメインの導入企業であることが伺えます。

CAMP ワンタグ by サイバーエージェント

http://www.ca-mp.jp/other.html

DSPのいち機能としてワンタグ(タグマネジメント)を位置づけています。CAMPは通常のDSP(デマンドサイドプラットフォーム)というよりも幅広い意味でインターネットマーケティングプラットフォームとしてブランディングしているようで、ワンタグ機能もそういったプロダクトポリシーから搭載された機能だと伺えます。※一般的に通常のDSPはピギーバックどまりです

ScaleOut Tag Management by スケールアウト

http://www.scaleout.jp/tagmgmt/

cciさん、D.A.Cさん、CAさん、と大手代理店ばかりのベンダーの中で大変恐縮ではありますが、弊社タグマネジメントです。特徴は、驚きの低価格と数十億ローディングもどんと来いの配信性能です。オウンドメディアやキャンペーンサイトでのワンタグ用途のタグマネジメントもできますし、クリエイティブにappend配信するピギーバック配信も利用用途としてOKです。オプトアウト対応もバッチリご用意しております。導入はご想定よりもずっとイージーです。

 

 

いかがだったでしょうか?

タグマネジメントについての理解は進みましたでしょうか?もし「まだいまいちわかり切らないぜ〜?」という方がいらっしゃれば弊社までコンタクトいただければ幸いです。蛇足ですが、そのうちGoogle Analyticsにタグマネジメント機能が搭載されるんじゃないかとおびえています。それでは。