Googleが準備しているLightBox風エキスパンド広告
Line
2012/10/5(金)

こんにちは。

今日は先日、Googleが発表したディスプレイ広告の新しいアドユニットについて見ていきたいと思います。

それではどうぞ。

LightBox風エキスパンド広告 New!

その名もずばり「lightbox ad unit」です。 イメージ画像の上にマウスを2秒以上のせるとエキスパンドします。

Googleの社内テストによれば、この仕様(マウスをのせて2秒でエキスパンド)のおかげで、

  • うっかりエキスパンドを、ほぼ100%防止できた
  • クリックしてエキスパンドするよりも、6倍から8倍のエンゲージメントを獲得できた

とのことです。

出典:http://adwords.blogspot.jp/2012/10/helping-brands-light-up-web.html

 

STEP(1/2) いつものミディアムレクタングル(320×50)です。ここにマウスを2秒以上乗っけると・・・・

 

STEP(2/2) LightBox風のモーダルウィンドウでエキスパンド広告が表示されます。

 

エキスパンド広告ではブランドリフトに必要なリッチエクスペリエンスが搭載される様子

まだ詳細は明らかにされていませんが、何やらスライダーのようなものが確認できます。

 

黒いアイコンにマウスを当てれば詳細がポップアップしてきそうです。「オータムニット5,800円/レッド/サイズ8」みたいに。

 

横方向にページ送りできるようです。これはもはやデジタル折込チラシ広告というよりデジタル折込冊子広告ですね。

 

いかがだったでしょうか?

クリエイティブにマウスインする習慣が身につきそうな予感です。それはともかく、こういった新しいアドユニットの模索というのはいろいろなところで行われていてAOLが300×1000の超どデカクリエイティブをテストしたり取り組みが活発です。日本でも、次世代のアドユニットを模索するようなラボラトリーを企業を越えて発足できれば、おもしろいなあと思いました。それでは。