ゲームアプリ業界で注目される「リテンションマーケティング」についての共同調査
Line
2015/2/23(月)

<News Release>

2015年02月23日
株式会社スケールアウト

ゲームアプリ業界で注目される「リテンションマーケティング」についての共同調査

株式会社スケールアウト(本社:東京都港区、代表取締役Co-CEO:山崎大輔)は、株式会社D2C R(本社:東京都港区、代表取締役社長  本間広宣)と「リテンションマーケティング」につて、共同調査を致しました。

ゲームアプリ業界で注目される「リテンションマーケティング」。リテンション(Retention)とは、維持・保持といった意味合いの言葉。「リテンションマーケティング」は、既存顧客との関係を維持していくためのマーケティング活動全般を指します。
アプリマーケティング領域において、過去にアプリをダウンロードして使わなくなった、またはアンインストールをしてしまったユーザーを呼び起こすマーケティング手法として現在、注目を浴びています。

リテンションマーケティングについての考え方を、調査実績を踏まえてわかりやすくまとめて頂きました。
詳しくは、「D2C スマイル」をご覧ください。

http://www.d2c-smile.com/201502234011

 

【D2C R】
社名 : 株式会社D2C R
http://www.d2cr.co.jp/
所在地 : 東京都港区東新橋1-9-2 住友汐留ビル
設立  : 2013年2月
代表者 : 代表取締役社長  本間広宣
事業内容: アプリ配信企業やコンテンツプロバイダをはじめとする広告主のニーズにマッチした、効果的な広告の開発・提供を行うアプリマーケティング会社です。D2C Rでは、企業が提供する良質なアプリコンテンツやサービスに関する情報を、より多くの生活者に届けることを通じて、生活者の生活をより豊かにします。また、モバイルコンテンツ市場の健全な発展に寄与すべく、安心かつ効果的なアプリマーケティングサービスを提供しています。

【スケールアウト】
社名  : 株式会社スケールアウト
http://www.scaleout.jp/
所在地 :東京都港区南青山5-4-35たつむら青山ビル3F
設立  : 2006年12月
代表者 : 代表取締役Co-CEO 山崎 大輔
事業内容: DSP/DMP、トレーディング事業、広告配信システムのOEM提供、アドテクノロジーに関する技術支援、オンライン広告のビジネスコンサルティング、SSP事業

Facebook: https://www.facebook.com/scaleoutinc

■ 本リリースに関するお問い合わせ
株式会社スケールアウト
E-mail : info[at]scaleout.jp