DSP経由でのディスプレイ広告の検索ワード・ターゲティングに特化したSearch eXtensionサービス提供開始
Line
2013/2/6(水)

報道関係各位

2013年2月6日

株式会社スケールアウト

DSP経由でのディスプレイ広告の検索ワード・ターゲティングに特化した
Search eXtensionサービス提供開始

検索連動型広告と同レベルの見込み顧客へ、ディスプレイ広告でのターゲティングを実現。


株式会社スケールアウト(本社:東京都江東区 代表取締役社長:山崎 大輔、以下スケールアウト)は、従来のターゲティング手法である、ページの情報から行うリターゲティング手法に加え、検索サイトから広告主サイトへの流入キーワード別にユーザーを分類し、キーワード毎にターゲティング可能なサービス「Search eXtension(サーチエクステンション)β版」を2013年2月11日よりScaleOut Ad Platformにて提供を開始致します。

■Search eXtensionの特長

・キーワード単位での入札が可能
ターゲティング手法で、ユーザーが広告主サイトへ流入した際の自然検索、 検索連動型広告のキーワード情報を取得し、1ユーザー毎に直近1キーワードを保持し、キーワード単位での入札(最低入札価格:1円〜)が可能になります。

・検索連動型広告と同じ運用方式
サービス運用画面は、検索連動型広告に類似した入札操作となるため、検索連動型広告とDSPを同じ運用方式に統一する事が可能となります。

■従来のページ単位のリターゲティングとの比較

■キーワードでターゲティングするメリット

従来の、ターゲティングユーザーをページで分類する方式では、訪問ユーザーのニーズを把握する事が難しく、その結果ターゲティング精度を向上させる事が困難でした。例えば、一度サイトを訪問し、すぐ離脱した見込み度合いの低いユーザーもターゲティング対象に含めて広告を配信するため、広告予算を本来配信したい見込み度合いの高いユーザーに適切に投下する事が困難でした。
流入キーワード毎にターゲティングする事でユーザーが能動的に検索を行ったユーザーのみを対象とし、かつ見込み度合いの高いキーワードを優先して配信する事が可能となります。
これによりpurchase funnelの無駄(入札競合と見込みが薄いユーザーへの入札)を省くことで予算のダイエットとターゲットのフォーカスを行う事が可能です。

■検索連動型広告と同じ運用方式を採用するメリット

検索連動型広告と同様の運用方式を採用する事により、検索連動型広告とDSPを単一指標で評価可能です。Search eXtension上の各キーワードは検索連動型広告と同様に各々パフォーマンス(CPAやCVR)が異なるため、例えば目標CPAに見合ったキーワードのみを配信対象に選択する事で目標に合わせて成果と配信量をコントロールする事が容易になります。
また、従来効果の可視化が難しかったView CV(バナー広告をクリックせず、閲覧した後にCVしたユーザー)は検索連動型広告側の同キーワードのCVRへの影響を与えるため、その影響度合いを見る事によりDSPの貢献を判断する事が可能となります。
また、ターゲティング対象が1ユーザーあたり1キーワードとなるため、ターゲティング時にキーワード毎にユーザーが重複する事がないため、入札競合が回避されます。

■入札競合回避が重要な理由について

DSPではCPM入札となりますので、従来のアドネットワークに比べて配信対象リスト(リターゲティングリスト)を他の配信対象リストと重複しないように管理する必要があります。例えば配信対象リストAとBの重複が100%だった場合に配信されるのは単純に単価の高い方になります。そのため広告配信されない方の配信対象リストは配信単価を上げざるを得ない状況になります。現在のDSPの運用画面では重複を把握する事が困難なため、1キャンペーン内での配信重複は入札単価向上を引き起こし、予算の望まれない消化を促進します。今回の「Search eXtension」では1ユーザーは必ず1つの直近キーワード(配信対象リスト)にしか含まれないため入札競合を引き起こす事が無く、適切な単価での運用が可能となります。

■Search eXtensionについて

・ScaleOut Ad PlatformのDSPサービスに搭載
・2月からタグの設定可能、3月から専用画面にて買い付け開始
・最低入札単価:1円〜(実際の購入可能単価は現在の相場により変動)
・登録可能な検索ワード数:最大5,000キーワード

■ScaleOut Ad Platformについて

DSP/DMP/タグマネージメント/アドサーバー/第三者配信(3PAS)等を統合プラットフォームとして代理店様へ提供しています。単体サービスの組み合わせではクッキーシンク等技術的な手間やコストが必要となりますが、組み合わせてご利用頂く事でそれらを解決します。
共通のデータプラットフォームとしてサービス横断的な分析も可能になるため、運用型広告を実施する代理店様のビジネスを強力にバックアップ致します。

■今後の予定

本機能はScaleOut Ad Platform内のDSPサービスに搭載され、2月からのβテストの後に順次広告代理店様向けアカウントに公開予定です。本機能を初めとして、今後ScaleOut Ad Platformでは代理店様に特化したAgency DSPの機能を強化してまいります。

■株式会社スケールアウトについて

株式会社スケールアウトは、スケーラブルな広告配信サーバーを開発、提供するアドテクノロジー企業です。DSPからSSPまでオンライン広告のあらゆるシステムを得意分野として開発しております。
◆代表者名:代表取締役社長 山崎 大輔
◆本社所在地:東京都江東区富岡1-14-3-2F
◆設立年月:2006年12月
◆URL:http://www.scaleout.jp/
◆Facebook:https://www.facebook.com/scaleoutinc

■本件に関するお問い合わせ先

*広告主様は既存のお取り引きのある代理店様へお問い合わせ下さい。
担当:菅原 メールアドレス:info@scaleout.jp