Tapjoy社とのスマホアプリ向けリテンション広告領域で連携開始
Line
2015/8/6(木)

<Press Release>

2015年8月6日

株式会社スケールアウト

 

Tapjoy社とのスマホアプリ向けリテンション広告領域で連携開始

〜 従来のアドネットワークの配信手法とは異なるデータを活用したリテンション重視型商品を共同構築 〜

 

この度スケールアウトは、自社アドプラットフォーム「ScaleOutDSP」においてスマホアプリ向けのリテンション広告領域でTapjoyとの連携を開始しました。同連携によって、共同商品の開発、およびTapjoyを利用しているアプリデベロッパー様向けに「ScaleOutDSP」を活用したアプリプロモーションの積極的な展開を進めてまいります。

 

今回の連携に関連して、両社ではすでにデータを用いた高度なターゲティング手法を開発するための実証実験を開始しております。これにより「ScaleOutDSP」はアプリプロモーションでの配信手法の充実、またTapjoyはアプリデベロッパー様向けのデータ活用機能の充実を実現していきます。

 

今回の連携によって、より強化される機能は以下の通りです。

- アプリ広告主が保持するIDFA/Advertising IDを利用したカスタムオーディエンスターゲティング

- 広告主が保持するIDFA/Advertising IDを利用した類似ユーザーへの拡張配信

- 広告主が保持するIDFA/Advertising IDを利用したリターゲティング広告配信

- その他、共同商品・サービスの開発

 

Tapjoy Japanの執行役員 佐藤康雄氏は、「今日のモバイルマーケットは、自社アプリにとって最良のユーザーを識別・維持し、収益化につなげることがとても難しい局面となっています。今回の連携により検討を進めていくデータ活用の領域は、アプリデベロッパー様の広告最適化に大きく貢献していくことができる領域と考えています」と述べています。

 

なお、本連携に関連して、2015年8月18日(火)に

「アプリ領域でのデータ活用、実際は? ~ DMP?リタゲ?オーディエンス拡張? ~」

というセミナーを渋谷ヒカリエにて開催いたします。実証実験の結果も、この場で合わせて発表させていただきます。

https://tixee.tv/event/detail/eventId/9544

 

スケールアウトでは、2015年をスマホアプリのRTB元年と位置づけており、アプリデベロッパー様に満足して頂ける機能を引き続き開発して参ります。

 

■ Tapjoyについて

Tapjoyは、業界をリードするデータサイエンスおよび予測技術を採用し、アプリデベロッパーのユーザーエンゲージメント向上と収益最大化を実現するマーケティングオートメーションプラットフォームを提供しています。Tapjoy社は、J.P. Morgan Asset ManagementやRho Ventures、North Bridge Venture Partners、InterWest Partners、D.E. Shaw Venturesを含む一流の投資家に支えられ、サンフランシスコを本社に、ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴ、サンタバーバラ、アトランタ、ボストン、ロンドン、北京、上海、ソウル、東京にオフィスを構えています。

 

【Tapjoy】

社名  : Tapjoy, Inc. (http://www.tapjoy.com/)

代表者 : CEO Steve Wadsworth

所在地 : 111 Sutter St.,12th Floor, San Francisco, CA 94104

設立  : 2007年

事業内容: アプリ向けのマーケティングオートメーションプラットフォームの提供

 

【スケールアウト】

社名  : 株式会社スケールアウト (http://www.scaleout.jp/)

所在地 : 東京都港区南青山5-4-35たつむら青山ビル3F

設立  : 2006年12月

代表者 : 代表取締役 山崎 大輔

事業内容: DSP・DMP・トレーディング事業

広告配信システムのOEM提供

SSP事業

検索システムの受託開発、ASP・ OEM 提供

アドテクノロジーに関する技術支援

 

Facebook: https://www.facebook.com/scaleoutinc

 

■ 本リリースに関するお問い合わせ

株式会社スケールアウト

E-mail : info[at]scaleout.jp