DSP
広告配信/RTB買い付け設定の細やかさ
豊富なターゲティング設定により業種・業態や活用シーンを問わずリーチ可能で効果を最大化致します。

高度なリターゲティング

独自のターゲティングメニューで広告効果を最大に。

ScaleOut DSPのリターゲティングは、以下のような詳細な指定が可能です。また、それらを組み合わせることも可能です。

設定項目例

  • アクセスからの経過時間
  • アクセスがあった期間
  • アクセス回数

例えば、ECサイトなどで特定の期間にセールのキャンペーンを行う場合には、配信対象を『キャンペーン中にサイトを何回も訪れていたユーザ』や、『前回のアクセスからの経過時間が1週間以内の、サイトを訪問したばかりの新鮮なユーザ』などの様々な条件を設定することが出来ます。

配信先SSPの選択

ブランドセーフのための広告配信枠の制御。

RTBでは、「枠」から「人」へと言われていますが、効果の悪い枠にいくら配信しても広告効果は上がりませんし、ブランドセーフのために広告を配信している枠を把握することは、これまで同様に重要です。 SSPには、それぞれ特徴があり、送信してくる情報などが異なります。 例えば、「某SSPは、ブラインドSSPの為ドメインを開示していない」などございます。案件として配信先がわからないと困る場合は、このようなSSPを配信先から外すことが出来ます。逆に効果のよいSSPを指定しての配信なども可能です。 また、SSPによっては、オークションルールがセカンドプライスである場合やファーストプライスである場合などがあります。 SSPのオークションルールに合わせて、適切なBid単価を決めることも効率よく買付けを行う上で重要となります。 ※セカンドプライスは、1番高い金額でBidしたDSPが2番目の金額+1円で落札。ファーストプライスは、1番高い金額でBidしたDSPがその金額で落札。

targeting-ssp

ドメインのホワイトリスト/ブラックリスト

Look ALikeレポートやカスタムレポートを使うことで、広告商材と関連性の高いドメインや効果が良いドメインを見つけることをサポートします。

GDNの枠/GDN以外の枠に対する配信

配信先の1つであるgoogleのDoubleClickExchangeは、GDNやそれ以外のネットワークを取りまとめたAd Exchangeです。 GDNは優良な広告枠を取りまとめたネットワークです。優良なGDNの枠に対してのみ配信を行うことが出来ます。 また、逆に既に広告主がGDNに配信している違う枠のみに配信したい場合はGDNを外して配信することも可能です。

柔軟なフリークエンシー/リーセンシーコントロール

以下のような柔軟な設定を行うことが出来ます。

設定項目例

  • 基本的な全期間の表示回数がn回未満の場合に配信する
  • 1日の表示回数がn回未満の配信する。
  • あるユーザに配信した後は、特定の期間が経過するまで配信しない。
  • 特定のユーザに初回接触してから一定期間の間までしか広告配信を行わない。

スマートフォン配信のターゲティング

AndroidやiPhoneなどのデバイス指定はもちろんのこと、アプリのみに配信、サイトのみに配信、オーバーレイのみに配信など、柔軟に配信制御が行えます。 PCと同様にスマホでもドメインによるホワイトリスト・ブラックリストの指定が出来ます。 スマホの場合は、ドメインに加えて、アプリに対してもホワイトリスト・ブラックリストの指定が出来ます。 また、UA指定を行うことで、タブレットのみ特定の機種のみなどの設定を行うことが出来ます。

設定項目例

  • 基本的な全期間の表示回数がn回未満の場合に配信する
  • 1日の表示回数がn回未満の配信する。
  • あるユーザに配信した後は、特定の期間が経過するまで配信しない。
  • 特定のユーザに初回接触してから一定期間の間までしか広告配信を行わない。

その他のターゲティング

その他には以下のようなターゲティングを設定することが出来ます。

設定項目例

  • 地域(MaxMind社のデータを利用)
  • 天気、気温天気(Weather Underground社のデータを利用)
  • 曜日・時間帯
  • ブラウザ・OS・UA
  • 検索キーワード
  • 掲載位置(ファーストビュー)
  • ISP